概要

概要

社会福祉法人すぎの芽会は今から約63年前、昭和27年吉成銀策先生・リン先生ご夫婦が宇都宮市一条に蒔いた一粒の種に始まります。ご自宅を開放され、当時「ちえ遅れ」と呼ばれた知的な障がいをお持ちの方々に職業指導をする「すぎの芽教室」が開所されました。これは、県内はもちろん全国的にも知的障がいをお持ちの方々の職業指導の草分けです。

その後、すぎの芽教室には知的障がいをお持ちの方々の親御さんたちが集い、昭和36年には親の会「すぎの芽会」が結成されました。38年には宇都宮精神薄弱者育成会が発足し、その協力の下、47年吉成先生が全財産を寄付され、財団法人すぎの芽会が設立しました。

そして、財団法人すぎの芽会では、昭和63年10月理事会評議員会にて、法人の社会福祉法人化を決議し、栃木県精神薄弱者育成会宇都宮支部の皆様とともに設立準備委員会を設置し、準備を進め、ついに平成2年5月22日、栃木県知事よりこの社会福祉法人すぎの芽会の設立認可を受けました。法人設立の翌年平成3年4月には、県央地区に初めての念願の精神薄弱者更生施設すぎの芽学園が開設される運びとなりました。

現在では、宇都宮市内に7つの事業所を持ち、主に知的障がいをお持ちの方の支援を行っています。

法人名 社会福祉法人すぎの芽会
代表名 理事長 藤戸 時一
決議・諮問機関 理事(定員10名)、評議員(定員21名)
所在地 〒321-3221 栃木県宇都宮市板戸町3650
電話 028-667-8091
FAX 028-667-8092