すぎの芽会について

概要

概要

社会福祉法人すぎの芽会は今から約63年前、昭和27年吉成銀策先生・リン先生ご夫婦が宇都宮市一条に蒔いた一粒の種に始まります。ご自宅を開放され、当時「ちえ遅れ」と呼ばれた知的な障がいをお持ちの方々に職業指導をする「すぎの芽教室」が開所されました。これは、県内はもちろん全国的にも知的障がいをお持ちの方々の職業指導の草分けです。

その後、すぎの芽教室には知的障がいをお持ちの方々の親御さんたちが集い、昭和36年には親の会「すぎの芽会」が結成されました。38年には宇都宮精神薄弱者育成会が発足し、その協力の下、47年吉成先生が全財産を寄付され、財団法人すぎの芽会が設立しました。

そして、財団法人すぎの芽会では、昭和63年10月理事会評議員会にて、法人の社会福祉法人化を決議し、栃木県精神薄弱者育成会宇都宮支部の皆様とともに設立準備委員会を設置し、準備を進め、ついに平成2年5月22日、栃木県知事よりこの社会福祉法人すぎの芽会の設立認可を受けました。法人設立の翌年平成3年4月には、県央地区に初めての念願の精神薄弱者更生施設すぎの芽学園が開設される運びとなりました。

現在では、宇都宮市内に7つの事業所を持ち、主に知的障がいをお持ちの方の支援を行っています。

法人名 社会福祉法人すぎの芽会
代表名 理事長 藤戸 時一
決議・諮問機関 理事(定員10名)、評議員(定員21名)
所在地 〒321-3221 栃木県宇都宮市板戸町3650
電話 028-667-8091
FAX 028-667-8092

経営理念と展望

経営理念

  1. 施設利用者が自ら決定し自己実現できるように支援し、心身ともに健やかな日常生活を目指します。
  2. 施設利用者の個人としての尊厳を尊重し、社会参加ができるように積極的に生活を支援します。
  3. 施設利用者が地域社会に適応でき、常に地域の理解と協力が得られるように支援します。
  4. 支援者として必要な専門性の向上を目指し、常に質の高い支援が提供できるように利用者とともに努めます。

展望

平成2年5月2日、栃木県に提出した『社会福祉法人すぎの芽会設立趣意書』には、「本会は、現在の小規模通所療育授産施設の運営に加えて、更生入所施設の創設、さらに長期的には生活寮、福祉ホーム、老人ホームそして福祉工場等の建設等をめざして、社会福祉事業の充実強化を図り、地域社会のニーズに応えていく必要があります。」と法人設立の趣旨が書かれています。

この法人設立の原点に立ち返り、生涯安心して暮らせる住まいの場作り、障がいを持っていても働き自己実現できる働く場作り、生きがいを持って活動できる場作りに取り組んでいきます。障がいをお持ちの方から、また保護者の方々から、そして地域の皆様から必要とされる「社会福祉法人すぎの芽会」を目指します。

組織

施設・事業一覧

すぎの芽学園 障害者支援施設(生活介護・施設入所支援・短期入所・日中一時支援)
デイセンターすぎの芽 多機能型事業所(生活介護・就労継続支援〔B型〕・日中一時支援)
サポートセンターとみや 多機能型事業所(生活介護・就労継続支援〔B型〕・就労移行支援・日中一時支援)
サポートセンターとみや生活支援センター 相談支援事業所
ドリームセンター 一条 多機能型事業所(生活介護事業・就労継続支援〔B型〕・日中一時支援・短期入所)
みずほ福祉支援センター 生活介護事業所・日中一時支援
きよはら荘
(おかもと荘・第2きよはら荘・やまと荘)
共同生活援助事業所

組織図

組織図
 

地域との交流

地域との交流

平成3年のすぎの芽学園開所以来、地元板戸町はじめ清原地区の皆様とは、広く交流を持たせていただいています。宇都宮市立清原北小学校の児童の皆様とは、月1回の共遊活動を持ち、お互いのお祭りに参加したりしています。宇都宮市立清原中学校や栃木県立宇都宮清陵高等学校とも、文化祭や運動会にご招待していただいたりしています。

沿革

沿革

昭和27年4月 吉成銀策・リン夫妻が「すぎの芽職業教室」として「ちえ遅れ」の子らの職業指導を開始
36年3月 宇都宮精神薄弱者育成会を設立
47年10月 財団法人すぎの芽会を設立
平成2年5月 社会福祉法人すぎの芽会の認可
3年4月 すぎの芽学園開設
4年4月 みずほ福祉作業所開設
6年4月 すぎの芽学園通所部開設
9年4月 デイセンターすぎの芽開所(学園通所部独立)
9年4月 デイケアセンター宝木開所
10年7月 富屋作業所・デイサービスセンターとみや開所
10年10月 グループホームりんりん舎開所(~18年9月)
11年9月 グループホーム星が丘荘(~21年10月)開所
12年6月 法人設立10年記念事業実施
14年10月 グループホームきよはら荘(~21年11月)開所
11月 富屋作業所生活支援センター開所
15年12月 すぎの芽職業教室に小規模通所授産施設の認可
16年3月 グループホーム第2きよはら荘開所
18年10月 障害者自立支援法一部施行に伴い、共同生活援助・共同生活介護(グループホーム・ケアホーム)事業所「きよはら荘」となり、第3きよはら荘(~21年11月)を開所
19年4月 障害者自立支援法全面施行
4月 すぎの芽職業教室が生活介護事業に移行
20年4月 みずほ福祉作業所が生活介護事業所みずほ福祉支援センターに移行
20年10月 すぎの芽学園が障害者支援施設に移行
10月 富屋作業所・デイサービスセンターとみやが多機能型事業所サポートセンターとみやに移行
21年12月 グループホーム・ケアホームを「第1きよはら荘」「第2きよはら荘」「やまと荘」の3ホームに再編
22年8月 法人設立20周年記念事業実施
23年12月 デイセンターすぎの芽が多機能型事業所に移行
24年7月 グループホーム・ケアホーム「おかもと荘」開所(「第1きよはら荘」は閉所)
25年4月 サポートセンターとみや パン販売所「ちゃお丸」開店
25年4月 障害者総合支援法施行
26年4月 障害者総合支援法のグループホーム・ケアホーム一元化に伴い、共同生活援助(グループホーム)事業所「きよはら荘」となる。
26年4月 すぎの芽職業教室が多機能型事業所に移行し、一条、宝木施設を統合。
ドリームセンター 一条に改名。

苦情受付窓口のご案内

各施設における苦情やご相談は、各施設の専用窓口または第三者委員が受け付けております。

→ 苦情受付状況

苦情受付窓口

■ すぎの芽学園(障害者支援施設) TEL:028-667-8091
■ デイセンターすぎの芽(多機能型事業所) TEL:028-667-8093
■ サポートセンターとみや(多機能型事業所) TEL:028-666-1122
■ ドリームセンター 一条(多機能型事業所) TEL:028-634-8639
■ みずほ福祉支援センター(生活介護事業所) TEL:028-616-7478
■ きよはら荘(共同生活援助事業) TEL:028-667-8091

第三者委員

■ 檜山 光治 TEL:0287-84-2575
■ 柴田 ミチ子 TEL:028-634-2058